「ミス宮崎」展示

2017年8月1日(火)~8月30日(水) 横浜人形の家

 損傷の激しかった「ミス宮崎」の修復が完了し、横浜人形の家で公開されました。

 今回の修復はミネソタ州ミネアポリスの皆さんの募金によって実現しました。

 展示後、とても美しくなった姿をミネアポリスの皆さんに披露します。

 いつの日か、宮崎県にも里帰りできるといいですね。

 

「ミス宮城」展示

2017年5月20日(土)~6月4日(日)  横浜人形の家

画像は青木勝氏提供
画像は青木勝氏提供

「ミス宮城」が2年ぶりに日本に帰って来ました。この夏に仙台市をはじめ各地で展示されますが、最初は横浜人形の家です。

 人形交流の歴史の中で、大きな役割を果たしてきた横浜人形の家。人形交流90年の節目の年には「ミス宮城」に続いて「ミス宮崎」も展示される予定です。

「ミス群馬」里帰り展

 2016年7月23日~8月21日に、萩原朔太郎ゆかりの前橋文学館(群馬県前橋市)で「戦争を忘れない展~平和を願った人形たち~」が開催され、「ミス群馬」が里帰り展示されました。

 

「ミス群馬」は2009年にマレーシアで発見されて、関係者の努力で2015年にアメリカに戻り、2016年に日本で修復されて、初めての里帰りです。

 会場には群馬県内に残る17体の「青い目の人形」のうち8体が展示されました。

 会場とのお約束により画像は紹介できませんが、「青い目の人形」研究の出発点になったNHKの番組「人形使節メリー」(1973年)で紹介された沼田市・利根小学校のメリーや、珍しいドイツ製ビスクドール(磁器人形)である前橋市・城東小学校のバージニアなど、魅力的な人形たちがそろっていて見ごたえがありました。

 

「ミス群馬」は個人所有で、展示会のあとフロリダ州で「ミス長野」(元「ミス愛知」)や元「ミス青森」と一緒にすごします。