倉敷市がギューリック夫妻に人形を贈呈

 倉敷市教育委員会が、ギューリック3世ご夫妻に倉敷の名窯である「天神窯」で焼かれた陶器製のひな人形を贈呈されました。

 ギューリックご夫妻が「新友情人形」を送り続けられて30年になります。倉敷市の小学校や幼稚園などにも、これまでに7体の「新友情人形」が贈られている感謝と返礼の気持ちがこめられています。

 2016年11月28日に市教育長から、ギューリックご夫妻と長年親交のある雪吉政子さん(元・岡山日米文化協会副理事長)に寄託されたひな人形は、ギューリックご夫妻に郵送で贈られました。